競馬のラクガキ

競馬は、人生を豊かにする素晴らしい浪漫である。

MENU

富士ステークス《G3》の予想 本命馬は、前走不完全燃焼だったあの馬の巻き返しに期待

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「レッドオルガ」の画像検索結果

お疲れさまです。

暇なので地方競馬でもしようかと思いましたが、性懲りもなく今週土曜日の重賞予想に面白い馬が出走するのでブログを書くことにしました。

 

ラクガキは、今週の菊花賞しか馬券を買うつもりがなかったのですが、折角こうして閃いた予想が出来たので、少額ですが富士ステークスの馬券を買います。

 

ちなみに、昨年の富士ステークスも🎯しています。

ロジクライの単勝とレッドアヴァンセのワイド。ジャンダルムの複勝5000円は外れましたが、今週取り返せるかもしれませんね(笑)

 

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 

ちょっとした宣伝です。

ラクガキは、最近ノートを使っています。

競馬ブログのカンフル剤になるかと思い、試験的実施中です。

新しいことをやらないと何も見つからないと思うので常に試行錯誤です。

このノートでは、来週月曜日に東京競馬場で代替開催のレース予想を公開します。

 

先週の結果が良かったので、次に活かせると思ったので次回が最後になるかもしれませんが、やってみようの一心で頑張ります。

今週火曜日の予想結果も記事にしているのでこの機会に見てもらえたらありがたいです。

t.co

 

富士ステークスの予想

予想のポイント

  • 1枠は、過去10年で一度も馬券に絡んだことがなし
  • 1~6番人気まで勝ち馬がいる。二桁人気の穴馬の好走が目立つ。
  • 前走、京成杯AH・ポートアイS・安田記念組の出走と好走が多い。
  • 前走1600mから出走した馬が多い。2000mからの距離短縮に注意
  • 前走間隔は中10週以上、中5週の好走実績が多い。
  • 世代は4歳が中心。次いで5歳、3歳の順。
  • 負担重量は、54㎏が好走※(今回58㎏は不出走)
  • 脚質は、先行馬が馬券の中心。逃げ馬は残れないコース。
  • 所属は、やや関西馬が優勢か。関東馬との大差はない。

コース解説

東京芝1600m

東京芝1600m
スタート地点は向正面直線の右奥。最初の3コーナーまでの直線距離は約542m(Aコース時)。3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。仮柵によるコース設定はA、B、C、Dの4パターン。3mごとに幅員が異なる。例年、Dコースは1~2月に使用され、芝内側部分を保護している。

 

予想オッズ

f:id:rakugaki_keiba2040:20191017105025p:plain

 

ラクガキセブンの考察

本命馬は、こちらのブログランキングにて公開しています。

 


人気ブログランキング

 

本命の理由

ブログの題名に書いた通り、完全に不完全燃焼。

前走のレース映像を見返しても、上位の馬との大差はない。

ゴール200m手前付近で進路を塞がれて馬が翻って試合終了。

進路妨害がなければ、最内から伸びてきたミエノサクシードより先着していたはず。

今回の巻き返しに大いに期待する。

ヴィクトリアマイルの勝ち馬であるノームコアとの斤量差は2キロ。

この斤量の恩恵は大きいと思う。

先週、1番人気のプリモシーンを飛ばした福永騎手の根性も見たいし、ここは迷わず本命に。①枠に入らないことを祈るだけです。

 

 

特注馬は、こちらのブログランキングにて公開しています。

 


最強競馬ブログランキングへ

 

 

前走のダービーで単穴評価にしていた。

結果は振るわなかったが、このレースで先行した馬は、次走で活躍している傾向にある。

前に出られれば残れるかも。

 

15着 リオンリオン 逃げ →セントライト記念1着

14着 エメラルファイト 4番手先行 → 富士ステークス???

17着 サトノルークス 3番手先行 → セントライト記念2着

 

3歳馬でも56㎏を背負うので、古馬とのハンデ差は少ないが一発を期待している。

3歳馬を買うならこの馬だと思います。

 

 

 

7頭の抽出は終了しています。

 

あとは、明日の枠順発表を待って微調整するのみ。

 

富士ステークスのラクガキセブンは、枠順発表後にノートにて公開します。

t.co

 

以上