競馬のラクガキ

競馬は、人生を豊かにする素晴らしい浪漫である。

MENU

9/22 日曜日のオススメ軸馬及び、産経賞オールカマー《G2》の最終予想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

こんばんは、ラクガキです。

性懲りもなく、オススメ軸馬を予想してみましたが、すこぶる調子が良かったです。

外れているレースもありますが、〇と☆で連対していることでカバーしており、全レースを購入して+収支になりました。

 

 

 

 

f:id:rakugaki_keiba2040:20190921214136j:image

さらに、特選レースでは大的中も。

 

中山のコロラトゥーレは、スタートで終わりましたが、阪神のプリンスリターンは見事1着に(*´σー`)エヘヘ

 

 

 

さあ、この資金を元手にラウンジ席で優雅に競馬を楽しもう…のはずがΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

f:id:rakugaki_keiba2040:20190921214141p:image

がっつり、660円ものムダ金に(ノД`)・゜・。

ま、3,300円を丸々請求されるよりマシだと思います(´∀`*)ウフフ

 

やはり、予想を的中させるとフォロワー様も増えますし、ブログの閲覧数も伸びます。

当然アドセンスも(缶ジュース1本分)( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

明日は、このままの天気だとほぼほぼ小学校の運動会が行われるでしょう。

 

嫁には、携帯電話を置いていけと言われているので、運動会の時間帯は競馬できません。

 

さらに、今日増やした軍資金も「スタッドレス代や」と言われて持っていかれました。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

ラクガキの軍資金は5,000円しかありませんが、日曜日の予想をビシッと当てて沢山の人にブログを見てもらえるよう頑張ります。

 

目次

 

 

それでは、まず土曜日の結果から

 

9/21 土曜日のオススメ軸馬の結果

決して、捏造をしていませんので、ご安心ください。

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 

◎阪神

【5・1・2・4】

f:id:rakugaki_keiba2040:20190921214056j:imagef:id:rakugaki_keiba2040:20190921214118j:image

 

 

 

◎中山

【4・5・0・3】

f:id:rakugaki_keiba2040:20190921214104j:imagef:id:rakugaki_keiba2040:20190921214109j:image

 

9/22 日曜日のオススメ軸馬

◎中山

 

f:id:rakugaki_keiba2040:20190921220231j:imagef:id:rakugaki_keiba2040:20190921220233j:image

中山競馬場の特選はこの馬

 

 


最強競馬ブログランキングへ

 

名前からして狙いたい笑笑

斤量の恩恵と、騎手の乗り替わり

 

 

◎阪神

f:id:rakugaki_keiba2040:20190921220243j:imagef:id:rakugaki_keiba2040:20190922001548j:image

阪神競馬場の特選はこの馬

 
人気ブログランキング

決めての欠いたレースが続いていたが、ここにきて鞍上強化で勝負気配が十分。

 

坂路時計も陣営の本気度が窺える。

 

 

 

 

 

☆トロイメント

5ヶ月の長期休み明けが気になるが、戦ってきた相手が強い。

このレースのメンバーレベルなら、休み明けでもやれるはず。

頭一つ抜けていると見ていい。

 

 

産経賞オールカマーの最終予想

ラクガキセブン

 

f:id:rakugaki_keiba2040:20190921221010p:plain

本命

ウインブライト

 

事前予想のとおり。

何が何でも、この馬に勝ってもらいたい。

ウインブライト時計控えめも好感追い/オールカマー

松岡騎手を背に美浦ウッドでマイネルセリオン(右)と併せたウインブライト(撮影・丹羽敏通)
松岡騎手を背に美浦ウッドでマイネルセリオン(右)と併せたウインブライト(撮影・丹羽敏通)

<オールカマー:追い切り>
オールカマー(G2、芝2200メートル、22日=中山)の追い切りが18日、東西トレセンで行われた。今年無傷の3連勝のウインブライト(牡5、畠山)はウッドコースで併せた。時計は控えめだが、またがった松岡騎手の感触は抜群。ここ2年の秋初戦は大敗してきたが、今の充実ぶりなら乗り切る可能性は十分ある。
      ◇       ◇
追い抜かす必要はなかった。調教をつけた松岡騎手は、仕上げすぎないよう慎重にウインブライトの手綱を取った。マイネルセリオン(3歳1勝クラス )を4馬身追いかけ、直線で並ぶとそのままの形でゴールした。時計は5ハロン68秒7、しまい12秒4。決して目立つ時計ではないが、動きは俊敏だった。松岡は「あまり強い負荷をかけないようにした。秋初戦に弱いというイメージがあるが、それを今回ぶっ壊したい」と力を込めた。
確かにここ2年、秋初戦は大敗続きだ。17年の毎日王冠で10着、昨年は富士Sで10着。その反省を生かして今年は7月20日に早々に帰厩して、厩舎でしっかりと乗り込んで初戦を迎える。畠山師は「休み明けとしてはいい。8割から8割5分くらいまで来ている」と仕上がり具合を語った。
馬の充実度が昨年までとは違う。ステイゴールド産駒らしい成長力で、今年は中山金杯、中山記念、そして香港のクイーンエリザベス2世Cを制して3戦3勝。松岡も「全体的なレベルが違う。たくましさが増した。それにレースでの課題がなくなった」と胸を張る。そして、前2年と違い、今回は【5 2 0 1】と得意の中山で始動。その5勝のうち4勝が重賞だ。「中山では負けちゃ駄目、という感じがあってやりにくい」と松岡は苦笑するが、2200メートルという初距離について「この馬なら克服してくれそうな感じがある」と全幅の信頼を寄せている。この秋は天皇賞・秋、そして12月の香港へ。世界へ再度羽ばたくためにも、ここは負けられない。【三上広隆】

 

2019年9月19日8時31分
(日刊スポーツ)

 

対抗

ミッキースワロー

希望通りの内枠に入った。

天候がやや気になるが、多少の雨なら大丈夫らしい。

 

【オールカマー】美浦レポート~ミッキースワロー

22日(日)に中山競馬場で行われるオールカマー(GII)に出走予定のミッキースワロー(牡5)について、追い切り後の菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

「(七夕賞は)トップハンデでしたが、流れにも乗れて強い競馬をしてくれたと思っています。(中間は)前走の疲れを取って、放牧して、また戻してきて、徐々に立ち上げてきて、随分、馬は元気ですよ。

(今日の追い切りは)僕らは前の方を走っていて、(騎乗していた菊沢一樹騎手は)何度も乗っているので、感覚に任せていきました。まだゴールの時に走っている姿しか見ていませんが、気分良さそうに走っていますし、引き上げてくる時も涼し気な顔をしていましたし、充分かな、と思っています。(菊沢一樹騎手は)どうだ、って聞いたら、いいです、って言っていました。

(2か月半開いて)涼しくなってきたので、いい方向に向かってくるのではないかと思います。

馬体に関しては徐々にしっかりしてきた部分があり、精神面でも普段は余計なことはしなくなってきたので、快適に過ごしていると思います。

(中山芝2200mは)デビューの頃から何度か経験しているので、コース形態に不安はありませんが、今回はメンバーも違いますのでどうでしょうか。今の中山の馬場はとてもいい状態なので、少々雨が降ってもいいのではないでしょうか。

GI馬も出て、とても素晴らしいメンバーだと思いますので、胸を借りるつもりで、GI馬に負けないように頑張ってもらいたいと思っていますので、応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

 

2019年9月19日15時38分
(ラジオNIKKEI)

 

単穴

 

やれんのか?

調子あげていこう(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

レイデオロ有終の秋へまずは連覇だ/オールカマー

19日に新コンビの福永騎手を迎えて最終追い切りを行うレイデオロ
19日に新コンビの福永騎手を迎えて最終追い切りを行うレイデオロ

今週の中山メインはオールカマー(G2、芝2200メートル、22日、1着馬に天皇賞・秋優先出走権)。
勝負の秋がやってきた。現役ラストシーズンが濃厚の17年ダービー馬レイデオロ(牡5、藤沢和)が始動する。
藤沢和師は「2歳の時から競馬を使わせてもらって、去年もあと1年あるからと思って今まで馬をいじめず、ビシッとやってきたわけではないからね。今になって尻すぼみにならないように、ダービー馬にふさわしい最後にしてほしい」と見通しを語った。
秋は反撃の季節だ。昨年はドバイシーマC4着後にオールカマーを優勝。3歳時も始動戦の神戸新聞杯で王者の貫禄を示した。今年は宝塚記念5着からの臨戦。過去2年に比べて夏休みの期間こそ短いが、英気は十分に養った。師は「前走は内に入れられて出られずにずっと嫌な感じで走っていたけど、順調にきたよ。なにせ力がある馬。ダービー馬なんだから」と力が入る。
有終を飾るため、落とせない一戦になる。19日に新鞍上の福永騎手を迎えて最終追い切りを行う。「去年は勝って、その後もいい感じでいったからね」と師。かつての看板馬シンボリクリスエスは03年に天皇賞・秋1着、ジャパンC3着、ラストランの有馬記念を9馬身差Vで締めた。レイデオロは今秋、その古馬王道G1のうち2競走に出走し現役生活を全うする予定。まずはオールカマー連覇で上げ潮に乗る。

 

2019年9月19日8時54分
(日刊スポーツ)

 

特注馬

 昔の輝いていた頃に戻りつつあると思う。

 前走は、馬体重からして明らかに叩き。

 前年、同コースで3着に入選していることからも、期待値は高い。

グレイル成長した馬体で真価を発揮/オールカマー

荻野極(レースは戸崎)が乗り、CWコース単走で追い切られたグレイル
荻野極(レースは戸崎)が乗り、CWコース単走で追い切られたグレイル

<オールカマー:追い切り>
Cウッドで前半から飛ばしたグレイル(牡4、野中)は、直線に向いてもパワフルに伸びて6ハロン79秒8-12秒3をマークした。
野中師は「先週にしっかり追ったから今週は無理していない。前走よりはるかに良くなった」と納得の表情。前脚を高く上げる独特の走法は相変わらずだが、体のシルエットが以前より大きくなった。「もともとこれからの馬と思っていた。つくべきところに筋肉がついた」と成長した馬体で真価を発揮だ。

 

2019年9月18日15時59分
(日刊スポーツ)

 

 参考買い目

馬 連 ◎-〇▲☆〈3点〉

ワイド ◎→〇☆〈2点〉

3連単 ◎→〇▲☆〈6点〉

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 

 

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 

日曜日の5時45分に運動会の開催を知らせる花火?のような音を出すそうです。

 

起きて聞いてみたいと思います。

 

皆様の馬券があたりますように。

 

小学校のグラウンドから応援しています。

 

 

(^_-)-☆

 

以上