競馬のラクガキ

競馬は、人生を豊かにする素晴らしい浪漫である。

MENU

函館2歳S《G3》本命馬は、騎手・調教師を重視、特注馬は、レースセンスの高いあの馬で1発を狙う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:rakugaki_keiba2040:20190716184654j:plain



 

お疲れ様です。

 

ラクガキです。

 

くどいかもしれませんが、実は、マーキュリーカップの話にまだ続きがあったんです。

 

 

 

その日の夕方に、嫁にお願いをしてラクガキが忘れた仕事着を職場まで持ってきてもらったのです。

 

自宅から車で片道約50分間の道のりを往復してもらいました。

さらに、同僚の分の差し入れまで持参して来てくれました。

 

差し入れのお菓子代は、今月の小遣いから2千円を引くそうです。

さらに、肩もみ30分間もついています。😨

 

本当によくできた(👹)だな( ;∀;) 

 

どうしてもこれがいいたかった(笑)

 

お付き合いありがとうございました。

 

それでは、本題へ。

 

簡単に傾向の分析へ。

 

 

 

目次

 

 

函館2歳ステークスの考察

コース解説

函館芝1200m
スタート地点は向正面直線、2コーナー奥にあるポケット。最初の3コーナーまでの距離は約490mあり、緩やかな上り坂になっている。3~4コーナーはスパイラルカーブ。途中に坂の頂上があり、最後の直線半ばにかけて緩やかな下り坂。その後、ゴールまでは平坦になっている。函館競馬場は一般的に平坦コースと思われがちだが、このように実は起伏がある。芝コース全体の高低差は3.5m。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターンで、最後の直線距離はAコース、Bコースが262.1m、Cコースが264.5mとなっている。

 

 

内枠の逃げ馬が優位。 

 

予想オッズ

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717094309j:plain

過去10年のレース傾向詳細

枠番

 3枠の成績が【1・3・3・11】と優秀。次いで6枠【4・1・1・14】

人気

1番人気【3・3・0・4】

2番人気【5・0・2・3】

・3番人気【1・1・2・6】

・4番人気【1・0・3・6】

・4、5番人気【1・2・3・14】

・6~9番人気【0・2・1・37】

・10番人気以下【0・2・2・57】

 

上位人気は、馬券の中心に。

人気馬の信頼は高いものの、二桁人気の馬でも馬券内に食い込む妙味レース。ぜひ、穴馬を拾いたい。(´∀`*)ウフフ

 

前走レース

函館競馬場【10・10・6・83】

その他JRA競馬場【0・0・4・23】

地方競馬場【0・0・0・15】

函館競馬場以外の出走馬は軽視でいいと思います。

つまり、あの人気馬も…。

 

前走距離

1200m未満【1・0・1・31】

1200m【9・9・8・83】

1400m以上【0・1・1・7】

前走も函館芝1200mを走った馬が優勢。

それ以外は、軽視。

つまり、あの人気馬も…。

 

前走間隔

・中3週【3・1・1・21】

・中4週【2・2・1・16】

・中2週【2・1・4・37】

・中1週【1・6・1・31】

・連闘【1・0・0・9】

・中5週【0・0・1・7】

連闘とレース間隔が空きすぎる馬は、やはり買えませんね。

このレースを目標に調整を積んできた馬に優位性が高いと思いますが、中1週の馬、つまり未勝利戦の勝ちあがりの好走実績も多い。

 

馬の本質を見めることが重要ですね。

 
世代

 

※2歳戦 

負担重量

 

※定量54㎏ 

 
脚質

逃げ馬【1・0・0・9】

先行馬【3・5・4・24】

差し馬【4・3・5・41】

追込馬【2・2・1・49】

 

先行馬が優位。やはり前に行く馬がいいですね。

 

所属

関東馬【1・6・5・67】

関西馬【9・4・5・40】

 

圧倒的に関西馬に軍配が上がっています。

 

怪しい人気馬

💣???💣


最強競馬ブログランキングへ

 

現在、予想オッズ1番人気。

想定騎手はルメール騎手。

ラクガキは、消しです。 

理由?もちろんルメール騎手だから( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

以上。

 

というだけでは、説得力がないのでラクガキの見解を簡単に説明ます。

馬について

 ルメール騎手の休み明け

まず、休み明けのルメール騎手ってところです。

NHKマイルで受けた6日間の騎乗停止明けの成績。

6/1(土)東京競馬場

【1・0・1・3】

・5R 1番人気 4着 スタインウェイ

・6R 3番人気 3着 ストームリッパー

・9R 1番人気 1着 ロードマイウェイ

・10R 1番人気 6着 キングリッド

・11R 1番人気 4着 アングライフェン

完全に試運転だと思いませんか?

ルメール騎手も我々と同じ人間ですから感覚を取り戻すための騎乗も必要なのではないでしょうか。

 

6/2(日)東京競馬場

【2・2・1・3】

・2R 1番人気 2着 リンガスビャクヤ

・5R 1番人気 2着 アブリルティスモ

・6R 1番人気 1着 モーベット

・7R 1番人気 1着 ダイスアキャスト

・8R 2番人気 6着 アングレーム

・9R 1番人気 4着 モンテグロッソ

・10R 2番人気 11着 テーオージーニアス

・11R 1番人気 3着 アーモンドアイ

 

日曜日から、成績が上がっているようにも思いますが、アーモンドアイ3着はスタートで不利を受けたとはいえ、それだけが原因と思えませんが…。

 

ルメール騎手の中京競馬場における騎乗成績

 

【3・2・2・11】一見、好成績にみえますが、単勝・複勝回収率はともに50%を割っている。

つまり、この数値からわかりとおり、人気をするわりに馬券内に来ていない。

悪く言うと買えない騎手なんですよね。

※ルメール騎手(。-人-。) ゴメンネ

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717103419p:plain

中京競馬場 騎手成績

そんな、ルメール騎手が今回騎乗するのは、石橋騎手から乗り替わるタイセイビジョン。前走阪神競馬場の芝1400mに出走。

 

前述したように、過去のレース傾向から照らすに、とても1番人気になる要素は不見当。

 

つまり、明らかに騎手ありきの過剰人気とラクガキは認めます。

 

タートルボウル産駒の成績

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717143509j:image

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717143513j:image

これを見れば一目瞭然でしょう。

このレースは、圧倒的に函館からの戦績が馬券に絡むレース。

なのに、新馬戦を阪神で迎えたというのは、この産駒にコース適性がないからと言うしかほかならない。

 

オーナーサイダーのことは全く分かりませんが、中京記念のお手馬がおらず、乗鞍が空いているのを見越して、どうしてもルメールを乗せたい馬主がオファーをしたのではないでしょうか?

 

あくまで妄想ですか…。 

 

本命馬

 レッドヴェイパー

新馬戦を見る限り、ケープコッドが一見強いように思います。

確かにケープコッドは強い。

だけど、本命はレッドヴェイパー。

理由は、騎手と調教師。

 

 

想定騎手は、北村友一騎手。

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717110124p:plain

中京競馬場

また同じ画像かい(# ゚Д゚)

 

まあまあ、ここが重要なので我慢してください。(´∀`*)ウフフ

 

北村友一騎手の中京競馬場での騎乗成績は、単勝・複勝回収率がともに100%オーバー

 

つまり、中京競馬場で買える騎手なのですね。(゚д゚)(。_。)ウン

 

そんな、北村騎手があえて、函館競馬場でこの馬に騎乗するのだから、えは簡単ですよね。しかも、継続騎乗。

 

さらに、調教師について

 

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717145115p:plain

調教師の成績

本馬を管理するのは、安田隆行調教師です。

同じ競馬でも、餅は餅屋

 

同じ野球でも、プロ野球の監督と、高校野球の監督は選手の育て方が違いますから。

ここは、素直に実績のある安田厩舎の馬を命にしたいと思います。

 

ケープコッドも確かに強い

 

新馬戦では危うく差されるところだったのは事実。

 

しかし、2歳のまだ成長途上の大事な時期です。

人間でも同じことを言えると思うのですが、小さい頃の教育、運動は大事ですよね。

出来れば、あまり無理をさせずにじっくりとすくすくと育ってほしいものです。※ゆとり教育

 

新馬戦から、調整して2戦目で本レースを迎えられるのは、未勝利戦の勝ち馬と対比するならライマックスシリーズに例えると、優勝チームと下克上チームとの争いに等しい。

 

つまり、斤量でのハンデはないものの、『目には見えないハンデがそこにある。』とラクガキは想するのです。(*´σー`)エヘヘ

 

軸にするなら、この馬で間違いない。(`・∀・´)エッヘン!!

 

☆特注馬☆

 ラクガキは、個人的に新馬戦に対する思いれが人一倍強い…はずです。

 

全く当たらんですが…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

これまでに、人気に関係なく調教動画を見て「この馬だ」Σ(・□・;)と選んだ人気薄の馬が数頭1着に来ています。

 

今回、このレースに出走する馬の新馬戦・未勝利戦でのラップタイプを検証しました。

 

ラップ〇イスターではございませんので安心してください。

 

 

そんなラクガキが期待を込める馬は?

 

 

 

☆特注馬☆ 


中央競馬ランキング

 

 

 

淀みない安定したペースで、早い上がりを使えるこの馬を特注馬に指定。

 

レースを何度も見返しましたが、ケープコッドにあってないものがこの馬にはあると思います。

 

それは、レースセンスです。

持って生まれた才能というか、まだ幼い2歳馬にして冷静に、騎手の指示通りに動けるというのは能力が高い証拠。

しかも、走りを見る限り、まだ本気で走っていないと思います。

底が見えないところが、いい意味でまた怖いですね:;(∩´﹏`∩);:

 

その新馬戦がこちら。

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717114209p:plain

パフェムリが挟まれて、もう無理ってなっているところ

 

パロディが入っていますがご勘弁を(笑)

騎手の指示に従って、内ラチで間が空くのをジッと我慢していますよね。

f:id:rakugaki_keiba2040:20190717114250p:plain

パフェムリが、もう無理だと思っていたが、隙間が空いたところで抜け出すところ

隙間があくと、鋭い抜け出し。

馬群を怖がる馬も多いので、精神レベルはかなり高いです。

 

この後に、ケープコッドの新馬戦を動画で観てみましょう。


2019/06/23 函館5R 2歳新馬 【レッドヴェイパー】


 可哀そうに…。

ケープコッドは、前も詰まっていますので、どうしようもできない状況から抜け出して鋭い追い上げを見せていますね。

何度見ても強い馬だと思います。

この馬のレースセンスもかなり高い。

 

でも、ケープコッドの方が、馬群に阻まれて「もう無理」ってなるかもわかりませんよ(笑)

 

パフェムリか、ケープコッドか…。

 

面白いレースになりますね。(*´σー`)エヘヘ

 

 

以上