競馬のラクガキ

競馬は、人生を豊かにする素晴らしい浪漫である。

MENU

【競馬】函館記念《G3》のレース傾向分析、本命馬(仮)と穴馬候補について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:rakugaki_keiba2040:20190708230016j:plain


お疲れ様です。

競馬のハコダテです(笑)

 

今週だけ、ハコダテで行こうと思います。

その理由は、こちらに書いています(*´σー`)エヘヘ

 

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

今週は、

 

函館記念 

が開催されます。

 

函館の予想が好調であるハコダテ渾身の予想になりそうな予感がします(´∀`*)ウフフ

 

とはいえ、データ分析は大切ですからじっくり検証していきましょう\(^_^)/

 

 

 

目次

 

 

函館記念の考察

コース解説

f:id:rakugaki_keiba2040:20190708230848p:plain

中枠の逃げ馬は、要注意ですね。

枠は内過ぎず外過ぎず。

 

 

過去10年のレース傾向

f:id:rakugaki_keiba2040:20190708231312p:plain

f:id:rakugaki_keiba2040:20190708231408p:plain




毎年荒れていますね。ハンデ戦なので難しいレースです。

 

予想オッズ

f:id:rakugaki_keiba2040:20190708232131p:plain

4強オッズといったところです。

 

このうち何頭馬券外に飛ぶでしょうか?

穴馬の好走にハコダテは期待しています。

ただ、ハコダテと言いたいだけ(´∀`*)ウフフ

過去10年のレース傾向詳細

枠番

2枠の成績が、【3・3・1・13】と秀逸。

2枠に入った馬は積極的に買いですね。

人気

・1番人気【0・1・0・9】

・2番人気【2・0・0・8】

・3番人気【3・0・0・7】

・4番人気【2・0・1・7】

以下

・7番人気【0・2・5・3】

・8番人気【0・2・2・6】

1番人気の信頼は絶望に近いです。

穴馬がバンバン飛び込んでいる結果になっています。

 

前走レース

目黒記念【3・0・0・8】

エプソムカップ【2・1・1・7】

巴賞【1・4・3・42】

新潟大賞典【1・1・1・4】

金鯱賞【1・0・1・1】

福島TVOP【1・0・0・1】

鳴尾記念【1・0・0・7】

天皇賞(春)【0・2・1・8】

日経賞【0・1・0・2】

五稜郭S【0・1・0・4】

 

前走距離

1800mからの距離延長【4・6・4・63】が好走しています。要チェック。

次いで、2000m【3・1・4・31】、2500m【3・1・0・11】←目黒記念組が大半です。

 

前走間隔

中10週以上【2・3・1・28】の成績が顕著です。

中4週【2・2・1・17】

中6週【2・0・0・8】

中1週【1・4・3・48】

 

世代

 

4歳【1・3・0・10】

5歳【3・0・5・30】

6歳【2・1・3・42】

7歳【3・3・0・25】

8歳【1・2・1・11】

高齢馬でも走るレースです。

 

負担重量

52㎏【0・2・0・9】

54㎏【3・0・2・24】

55㎏【2・2・4・20】

56㎏【4・2・1・32】

57㎏【0・0・2・17】

57.5㎏【1・1・0・6】

58㎏【0・1・0・4】

紐は、55㎏を狙いたいです。

 

脚質

逃げ馬【2・0・2・6】

先行馬【5・6・4・21】

差し馬【3・4・3・52】

追込馬【0・0・1・50】

前有利のレース。

追い込み馬は積極的に消し。

所属

関東馬【4・3・4・56】

関西馬【6・7・6・92】

若干、関西馬の好走が目立ちます。

勝率は、ほぼ変わらないです。

怪しい人気馬

💣エアスピネル💣

上位クラスの馬であり、このメンバー相手に好走しても不思議ではないとは思いますが、レース傾向からみても、好走する要素は見当たらない危険な人気馬と評します。

脚質的にみても、追い込み馬は消しですので、陣営が長期間の休養明けになぜこのレースを選択したのか気になります。

その点からみても、陣営側の本気度は見込めないと思います。 

 

 

本命馬(仮)

 

2番人気【2・0・0・8】

3番人気【3・0・0・7】

4番人気【2・0・1・7】

 

2~4番人気は、1着か馬券外という結果になっています。

 

ステイフーリッシュ

レッドローゼス

マイスタイル

 

どれも甲乙を付け難いのが本音です。

上記3頭の単勝を買うのもいいかもしれませんね。

函館記念は、レース傾向からみても特に荒れるレースなので、ハコダテとしては、本命馬を慎重に選びたいですね。

 

なので、今のところ、本命馬は未定ということでお願います。

 

が、今のところハコダテが考えている本命馬(仮)ですが…。

 


最強競馬ブログランキングへ

 

先週のミッキースワローのようなことになりたくない。

 

素直に、普通に考えて一番いのはこの馬です。

 

 

 

 

超絶気になる穴馬

どうせ荒れるなら、一か八かこの馬から行ってみても結構面白いかもしれません。

穴軸というやつですかね(*´σー`)エヘヘ

 

こちらのランキングにてご紹介していますm(_ _)m

 


中央競馬ランキング

 

レース傾向

人気:14番人気【0・1・0・9】

前走レース:巴賞【1・4・3・42】

前走距離:1800m【4・6・4・63】

前走間隔:中1週【1・4・3・48】

世代:6歳【2・1・3・42】

負担重量:54㎏【3・0・2・24】

脚質:先行馬【5・6・4・21】

所属:関東馬【4・3・4・56】

考察

自分でも、14番人気の馬を取り上げるとは思いませんでしたが、さすが函館記念だけに、14番人気でも過去に1回だけ2着に入着しているという驚きのデータもあり、あながちまんざらでもなさそうです。

 

函館記念のレース傾向から照らしてもみても、前有利な展開が予想されますし、6歳馬でも馬券に絡むレースであり、特に前走巴賞組から多くの馬券内に絡んでいる傾向を合間見て、チャンスはあると見込んでいます。

 

前走の巴賞のレースを見ても、ミドルペースで外枠から先行して第4コーナーを過ぎて一度は先頭に立つんですから、ポテンシャルはかなり高いとみて間違いなさそうです。

先行した馬の中で、6着に最入線していますので、他の先行馬と違ってそこまで垂れていないことがわかります。

今回、前走から斤量が2キロ軽くなるんです。

チャンスだと思いませんか?

 

さらに、想定騎手は…なんと。

 

横山武史騎手

f:id:rakugaki_keiba2040:20190710010403j:image

函館の騎乗成績がトップ【13・20・22・131】

 

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-ー

 

と一瞬期待したのですが、重賞成績は…。

 

f:id:rakugaki_keiba2040:20190710010412j:image

 

 【0・0・0・4】

 とうことです…。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

ですが、先週、菊澤騎手が重賞初勝利したように、次は横山騎手が続くかもしれませんよ(゚д゚)(。_。)ウン

 

すこしでも、この馬に興味を持たれた方がいれば、前走レースを見てください。

 

オッΣ(゚Д゚;エーッ!  と思われると思います。 笑

 

 

今日は、ここまで。

 

また明日(@^^)/~~~ 

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 

 

 

以上