競馬のラクガキ

競馬は、人生を豊かにする素晴らしい浪漫である。

MENU

ブログは家族にも公開?非公開?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:rakugaki_keiba2040:20190605001635p:plain

 

目次

 ブログの中身は家族に内緒だよ

こんばんは。ラクガキです。

 

今日は、ウォーキングしながら家族にまつわるネタを書いていこうと思います。

 

皆さんは、

ブログを家族に公開していますか?していませんか?

 

ラクガキは、もちろん非公開にしています。

(とても見せられません(;'∀'))

 

 

 

まさに、今日の出来事なんですが、嫁がいきなり「ブログの内容を見たい」と言ってきたのです(;´Д`A ```

ラクガキは即答で嫁に「それは残念だが出来ない…。匿名で書いてるから家族であろうと誰であろうと見せることは絶対に出来ないんだ( `ー´)ノ」とジェントルマン風にやんわりと断ったんです。(本当は、頑なに拒否をしました。)

 

なんでそんなもの見たいのか?ダレトクだよ?と思ったんですが、嫁が言うには、ブログに子どものことや自分(嫁)のことを書いているんじゃないか心配しているようです…。

 

確かに、嫁のことを少し書いているような気がする…(;・∀・)

 

 

 

 嫁からのしつこい詮索

f:id:rakugaki_keiba2040:20190605001944p:plain

 

以前から、ラクガキのブログを読んでもらってる方がいれば?わかると思うんですが、見られたくないブログは、即削除しましたΣ(゚д゚lll)ガーン(いつか復活させます)

 

嫁が、どうしてもラクガキのブログが見たいと言ってきかなかったですが、拒否をし続けたところ、嫁は「自分で探す(# ゚Д゚)」と言い出してTwitterのアカウントを検索し始めました。

 

やはり、競馬のキーワードでは沢山のアカウントが検索されますから、特定出来る訳がないと思っていたので、嫁には好きな様にすればいいと勝ち誇っていたのですが、そんな折に、嫁が大根おろしさんのTwitterアカウントをすぐに見つけたのです。

 

大根おろしさんはやはり有名ですから、ツイッターのアカウントを持っていない嫁でも簡単に見つけることができたようです。

 

そこから、私の冷や汗が止まらなくなりました…。

 

女性の勘の良さ、鋭さに驚愕

「WOW」と驚く白人男性のイラスト

嫁が、大根おろしさんのツイッターアカウントを見つけて、まもなく

「これ、あんたじゃないの」

と嫁が言い出したのです。(;´Д`A ```

ラクガキは、内心「すぐ見つかっちゃった。なんでー?ショックー」という焦りからツイッター画面を検索する嫁の横でパソコンを開いて、自分のブログを削除しさらに、アカウントを非公開にしてやりました\(^_^)/

 

『競馬のラクガキ?…そんなんおれちゃうで、違う違う(;゚Д゚)』と刑事ドラマのような取り調べの一幕になりましたが、嫁は核心をついたように、アカウントのキャラクターを見て、

「これは、あんたが仕事場で使ってたコップのキャラクターじゃないの?」

と言ってきたのです。

よく覚えていますよね。感心します。

あのキャラクターは、職場で使っていたマグカップのもので、一時期自宅に持ち帰った時に嫁が覚えていたのですね。

いや、感心している場合じゃない。

次は、アカウントのプロフィールを見て、

「借金二千万円ってなんなん」

と言って驚いていましたね。ラクガキは焦っていました。いや震えましたΣ(゚д゚lll)ガーン

もう突っ込みどころ満載なので、ラクガキはお手上げ状態\(^o^)/

 

おまけに、勘繰られるとすぐ顔に出ちゃう性格なので四苦八苦。

ラクガキは、嘘をつくのが苦手なのでやっぱりなんとなくばれちゃったかな?と思っていますが、嫁はなんとなく疑いの心を持ったものの、確信を持つまでには至らなかったようでなんとかその場はやり過ごせました。

 

かのように思えたのですが…。

 

今度は嫁がラクガキに、

 

「先々週の日曜日って、お寿司を食べに行ったよね?その時私があんたに渡したタコによく似た画像があるんやけど?」

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

 ☝

これのことです。女性は本当に鋭いですよね。

追及されると、笑えて来るのはなぜでしょう?犯罪の心理学?嫁からすると、ラクガキはわかりやすい性格らしいので、顔に嘘か本当か書いているらしいです。

女性は怖いです。本当に。

 

もう、いい加減にしてくれ(# ゚Д゚)って思うほど、嫁の追及は収まりませんでした。

 

今度は、私の別アカウント(本垢)を探すと言い出したのです。

案の定、あっけなく見つかるのです(なんでー( ;∀;))

 

ラクガキも負けていませんよ。

見つかる前にカギかけといたから(´∀`*)ウフフ

正々堂々と出せる記事を書こう

 

アルファベット B イラスト文字アルファベット L イラスト文字アルファベット O イラスト文字アルファベット G イラスト文字

 

ネット世界のいいところは、誰でも自由に匿名で情報が発信できること。

その情報が他人に評価されるかは別としてですが、他人にしられたくないことは誰にでもありますよね。

 

ブログに関しても、好きなことを勝手気ままに書いていますが、もしこの記事が誰が書いたものか知られるようなコンテンツでしたら、ブログを始める人は著名人など、ごく少数になると考えます。

 

今回、思ったことは、家族に見られても問題のないような記事を書けばよかったと反省しています。

 

ただ、自分のことを数限りないチャンスで他人に表現するには、ある程度のリスクは必要だとラクガキは思うのです。

諸刃の刃ではありませんが、肉を切って骨を断つような、リスクを背負わないと他人に評価をされないし、興味も持たれないと考えます。

なので、言葉の微妙な言い回しや表現力を高めることでうまく言葉を濁す、ぼかすようなやり方にも挑戦していく必要があると思いました。

 

亭主関白な夫であれば、今回のことで考える必要がないのかもしれませんが、やはりいつ、誰かに自分が書いた記事だと知られるようなことになっても正々堂々としていられるような人の役に立つようなブログ作成を心がけたいと改めて思います。


まとめ

 

親戚の集まりのイラスト

 

今回は、「家族にブログを公開してますか?非公開にしていますか?」について、自分のまさに今日あった経験談をもとにブログを書きました。

 

匿名か非匿名かは、人それぞれ。

 

中には、ブログで有名人になりたいという野望を持った人もおられるでしょうし、だれにも邪魔されずに自分の感じたこと思ったことをブログに書いて情報発信していく、その他アフィリエイトやアドセンスなどの収益目的もあるでしょう。

 

誰が書いたのかを他人に特定される必要もないですし、当然家族だからといってそれを見る権利はないとラクガキは思います。

「家族に見せられないようなものを書くな」と言う意見も中にはあるかもしれませんが、知られたくない秘密は誰にでもありますよね。

 

いつかきっと、他人から評価されるような記事が書ければ、家族にも認められるような気がします。

 

そんな思いを持って今後もブログは続けたいと思います。

 

競馬とは全く無関係な内容になりましたが、なんとなく他人はどうしているのか気になったのでブログに書いてみました。

 

 

そんなこんなで、今週の重賞予想当てるど~( `ー´)ノ

 

以上

 

 

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com

www.xn--u9jwgdg30a5530bo6xb.com